覚本嘉美インプラント

日本口腔インプラント学会認定指導医

<私のざれごと>
栃木県小山市にある覚本歯科医院の院長でもある覚本嘉美院長は、日本口腔インプラント学会認定のインプラント指導員の資格を取得しています。日本口腔インプラント学会とは、日本の歯科医学会の中でも特にインプラントを中心とした専門分野の権威ある学会となります。インプラント治療を行うには、とても細かい意味でのスキルが必要になってきます。多くの司会で行われているインプラント治療では、インプラント治療の講習会などに医師が参加してそこで技術を身に磨くといったものがほとんどです。そのため技術にも大きな差が出てくるというのが実際のところです。私の周りでも、近くのインプラント歯医者にかかったところ、仕上がったものがあまり納得いかないもので、それ以降もちょくちょくと歯医者に行ったり別の歯医者に行ってみたりとても不便な思いをしています。インプラント治療は、はがなくなってしまった部分の骨にネジを打ち込んでそこに人口の報告するといった方法になりますが、これは簡単にできるものとありません。総合的な技術力が必要になってくるとても精密な治療となります。そもそも土台になる骨が痩せてしまっていたり、渥美屋高さが足りなかったりする場合は、骨を形成するところから始めなくてなりません。それに加えて細かい微調整や、そもそもの人工的な歯を被せるため優秀な歯科技工士の存在など、信頼のあるインプラント医師にしか気づけない関係が存在します。確実な技術を持った優秀なインプラント医師の周りには、優秀な歯科技工士が存在しているものです。覚本嘉美院長は、日本航空インプラント学会の専門医指導員であり、アメリカインプラント学会の会員でもあります。また京セラメディカルPOIインプラント公認インストラクターでもあります。あらゆるインプラントについての相談員も務めています。
その著書にも、歯のインプラント治療がわかる本、歯を美しくする審美歯科&インプラント、在宅ケアしか往診車が街を行く、ここまで来た最先端インプラント治療、といった著書も書き上げています。そのため日本全国からインプラント治療に赴いて来る患者さんもつながりません。圧倒的な信頼性があるときますね。しかしながらインプラント治療はあまり安いものではないので、どうしても家の近くの安いインプラント治療を選んでしまう方も多いかと思います。ですが私個人的には、権威ある資格を取得している覚本嘉美院長のような方にお願いするべきかと思います。インプラントでは、うまく使うことができれば一生涯歯に困ることがありません。
逆を言えば失敗してしまうと、一生涯インプラントに悩ませることにもなりかねません。添い遂げよう考えると、しっかりとした技術力と信頼性、社会的な評価も持ち合わせる歯学博士覚本嘉美先生はお勧めです。私個人的に見ますと、栃木県の小山市はとても近いのでありがたいですね。覚本嘉美先生くらいのハイレベルな歯科医がいらっしゃるのであれば、日本中どこでもいこうとは考えてしまいますけれども。それくらいインプラント治療は大きな治療となります。入れ歯を使っていた方はわかるかととは思いますが、インプラント治療を行うと、それがしっくりきた場合、完全に元通りの自然な歯と何の違いが出なくなります。なんといっても食事を美味しく食べられるようになるというのはとても大きなことになります。今ではどんなに好きとハマっていたとしても、基本的には肉に乗っているだけになってしまいますので、噛む力は本来の半分以下になりそうです。それに加えてインプラントでは、骨にインプラントを埋め込むだけではなく、チタン製インプラントが骨と一体化していくので、数ヶ月でほとんど自分のはと変わらなくなるようです。そのため噛む力もほとんど自分の歯と違いはないそうです。
またブリッチをかけるような治療と違って、なくなってしまった歯の両側の歯に対して必要のない負担をかけることもありません。そのため残ったかもしっかりとケアを行うことができれば、長い間残すことが可能なのです。
また何よりも前歯にインプラントを行う際、入れ歯やブリッジのように金属の留め具が見えることがないので、見た目的にはほとんど違いが出ません。自然な歯と同じような見た目と考えて問題ないでしょう。色のバランスもしっかりと整えて制作してくれるので安心です。

↓↓↓問い合わせ・相談は、公式ホームページにフリーダイヤルがのってます。

↑↑↑クリック!